ペットウェアのデザインはさまざまな可能性を持っている

タイミングのイメージペットウェアはペットのための服ですが、それを用意するのは飼い主さんの役目です。デザイン性や機能性の高さを兼ね備え、デザインの可愛さだけでなくペットにとって生活に役立つようなものであることが、多くの飼い主が待ち望んでいるペットウェアではないでしょうか。

例えばペットウェアを着る時にウェアがなかなかスムーズに着られなかったり、着る時や脱ぐ時にペットが痛い思いをするようなデザインだったとしたら、ペットにとってペットウェアがネガティブイメージを持つものになってしまいます

また簡単に着られるような形状だったとしても、散歩や活動の邪魔になるようなデザインだったり、着ているとペットの体温調節が上手くいかなくなるような機能だったりすると、ペットにとってペットウェアは不要なものにしかなりません。

ペットウェアは、飼い主さんにとってもペットにとっても苦痛にならない、お気に入りのアイテムであってほしいもの。

そのためには、着ることでペットにとってプラスになるようなペットウェアとはどんなものなのかを知ることです。

もちろん最終的な購入を決めるのは飼い主さんなので、飼い主さんにとっても納得のいくようなペットウェアを模索してみてください。

ペットもいっしょに衣替え!ペットウェアをシーズン毎に着分けよう

ウェアをきた犬毛が生えている動物のほとんどは、季節によって毛変わりの時期があります。

これを換毛期といいます。移り変わる季節に対応できるよう、季節の変わり目になると自分の体毛を調節しておくのです(毛変わりしない動物もいます)。

しかし近年は室内飼いのペットが増えたので、エアコンの影響で正しく換毛期を迎えられないというケースが多くなってきました。冬なのに夏毛のままだったり、夏なのに冬毛のままだったりする事態が発生するようになったので、ペットによる体温調節は少し問題を抱えています

また上手く換毛期を迎えられたとしても、ペットの体温調節に人間が関わる必要がないというわけではありません。ペットは人間より地面に近くて体が小さいので、それだけ気候の影響を受けやすいのです。

ペットは、暑さや寒さを自分の言葉で伝えられません。気候に関する問題を察して対策をとるのは、飼い主さんが果たすべき努めです。

その対策のひとつがペットウェアです。ペットにとって、季節の変化が苦痛にならなくなるようなペットウェアを着せてあげましょう

春のペットウェア

春のペットウェアにはワンピースデザインやピンク色など、春らしいデザインのペットウェアが多くなります。

暑すぎず寒すぎないように、柔らかい素材や動きやすい素材を使ったウェアがよく見られます。

また春は多くの動物が換毛期を迎えやすい季節なので、抜け毛対策としてペットウェアを着させるのも良い方法です。

夏のペットウェア

ウェアをきた犬夏のペットの気温対策は深刻です。夏の敵はただの暑さだけではありません。そのためペットウェアにはそれだけ気を配る必要があります。

例えば夏の直前には、梅雨という短いシーズンがあります。

梅雨の時期の犬のおでかけに活躍するのがレインコートです。

レインコートは、ペットが家に帰る頃にはびしょびしょに濡れている…なんてことにならないよう、体を冷やしたり汚れたりするのを防ぎます。

しかし柔らかい素材のペットウェアと違って、レインコートは固い防水の生地で作られているものがほとんどなので、初めて着るペットには少しストレスを与えることになるかもしれません。できれば、普段から着慣らしておくと良いでしょう。

夏は、機能性を持つ生地のペットウェアが人気です。

あまり気づかれないかもしれませんが、犬も汗をかきます。暑い日のペットウェアは吸湿速乾の機能性を持つものや、ガーゼ素材を使った涼しいものを選んであげましょう。吸湿速乾の生地なら水遊びをしてもすぐに乾くので、飼い主さんも楽です。

また直射日光やUVを長時間浴びていると、毛焼けという症状を起こすことがあります。悪化しないように、UVカットの機能がついたペットウェアを着せてあげましょう。夏は虫が多くなる季節でもあるので、虫よけ対策機能のついたドッグウェアがあることも覚えておいてください。

さらに、機能性のある生地として夏におすすめなのは接触冷感です。触れるとひんやりして感じる生地でとても軽いので、夏のペットウェアに活躍します。

夏場は熱で道路が熱くなっていることが多いです。熱い道路を直接歩き続けるとペットの足が火傷してしまうので、夏場の散歩にはシューズを履かせることをおすすめします。

夏の外は暑さ対策が重要ですが、部屋ではペットがクーラーで体を冷やさないように気をつけましょう。特に小型犬などはすぐに体を冷やすことがあるので、部屋着用のペットウェアがあれば安心です。

秋のペットウェア

秋の最初はまだまだ暑い日もあるので、様子を観察しながら夏のペットウェアを着せてあげましょう。

また秋は、冬に向けた換毛期が訪れる時期です。抜け毛対策のためのペットウェアを用意しておきましょう。

冬のペットウェア

ウェアをきた犬冬には寒さ対策に焦点を当てたペットウェアを探してみましょう。

おすすめは裏起毛です。一枚であたたかいし、デザインも幅広く作られています。

しかし雪道だったり寒さの厳しい所にいるペットの場合は、防水機能がついたペットウェアを選ぶと、雪に濡れて体温を奪われるといった心配はありません

ジャケットやGジャン、ネックウォーマーなど、寒さを乗り越えるためのペットウェアは可愛いものからかっこいいものまでいろいろ考案されています。

しかし、夏服に比べると生地が固いウェアが多くなる傾向が見られるので、着脱でできるだけ負担がかからないように、ペットの体に合ったものを探してあげましょう

デザインでペットウェアを楽しむ

ペットの生活をより快適にするためのペットウェア…とはいえ、やはりせっかく買うなら可愛いデザインやかっこいいデザインに目が惹かれてしまうものです。

あまり人間の趣味をペットに押し付けすぎるのは考えものですが、機能性と同じぐらいデザイン性にもこだわることができたら、ペットウェアを探すのがもっと楽しくなることは間違いないでしょう。

小型犬は可愛らしく、大型犬はかっこよく…といったふうに、それぞれのペットの特徴を捉えて似合うデザインを探してあげましょう

ペアルックペットウェア

ペットウェアと飼い主用の服がセットで販売されていることがあります。これで大好きなペットとペアルックできるという、遊び心とおしゃれ心が満載の楽しみ方です。

もちろん、ペットにも飼い主さんにも負担にならないようなデザインを選んでください。

ペットを複数で飼っている場合は、ペット同士でお揃いのウェアを着せるのも楽しいでしょう。

いっしょにお出かけできるペットウェアデザイン

ウェアをきた犬ペットを連れて外出する先が散歩だけだとは限りません。人間はTPOに合わせて、あるいは自分自身がもっと楽しむために、外出先によって服装や身だしなみを変えます。

人間と同じように、外出先に応じてペットにもおめかしをしてあげたい、と考えた経験はありませんか?

デザインが豊富なペットウェアの中から探ってみると、人間のようにさまざまなシチュエーションを楽しめそうなペットウェアが見つかります。

例えば、結婚式ではペット用のドレスや正装を着せるといった光景が見られます。新郎新婦のペットであれば、飼い主さんと同じようにウェディングドレスやタキシードを着せることで、より思い出深い出来事として残せるはずです。

何より、人生における大事なイベント事にペットが同席できるという喜びは大きいものです。きれいにおしゃれさせて、特別なペットウェアを着せたい気持ちになるのは自然なことかもしれません

夏のアウトドアに活躍するのがアロハ柄のペットウェアです。ペットに着せるとたちまちリゾートスタイルに早変わりする、1着あれば夏を存分に楽しめるアイテムです。

ドレスなど可愛いデザインのペットウェアは、どうしても小型犬用サイズのものが充実しています。しかしアロハ服のデザインは小型犬から大型犬まで展開されているので、どんなペットでもおしゃれを楽しめるスタイルなのです。

さらに、夏のイベントといえば夏祭りです。浴衣や甚平のペットウェアを着せて、夏の散歩を楽しむのはいかがでしょうか。浴衣や甚平の生地は軽くて着脱させやすいデザインが多いので、あまりペットウェアを頻繁に着ないというペットでもチャレンジしやすいかもしれません。

またキャンプやスポーツメインなど、本格的なアウトドアへ出た際に活躍するのがフルドッグガードです。

フルドッグガードは抜群の伸縮性や撥水性を持ち、愛犬の体をしっかり覆います。水遊びや外で運動する時などには最適のペットウェアです。

見た目もかっこいいので、アウトドアな活動をするのが好きという飼い主さんは、これを愛犬に着せていっしょに活動してみてはいかがでしょうか。

個性的なペットウェアデザイン

ペットウェアに人気なユニークデザインのひとつに、パロディ物のデザインが挙げられます。テレビや映画のキャラクターの洋服によく似たデザインだったり、食べ物や娯楽物を意識したようなデザインだったり、その表現はさまざまです。

遊び心があってデザイン性も高いパロディデザインのウェアをペットに着せると、思わず写真に残したくなるような可愛さがあり、きっと飼い主さんの満足度も高まるでしょう。

通販先によっては、ペットの名前入りのペットウェアを届けてくれる所もあります。注文の時にペットの名前をオーダーすれば、まさに自分のペットのためのペットウェアになります。誕生日や記念日に合わせてオーダーしてみるのもいいかもしれません。大事に着せてあげてください。

見た目で個性を表現するなら、冬にはもこもこしたデザインのペットウェアも人気です。デザインが可愛い上に防寒対策という機能も兼ね備えているので、ペットの体調に合わせて着せてあげましょう。

利便性を考えたペットウェアデザイン

ペットウェアは外出目的だけでなく、人間で言うと部屋着のような役割を持つウェアもあります。ロンパースのような伸縮性のある作りが多く、消臭効果や防寒対策に向いています

フード付きのデザインやレインコートなどはリードが付けづらく見えますが、そういったタイプのデザインにはあらかじめリード穴が開いていることが多いので、飼い主さんとしての使いやすさも問題ありません。

ペットウェアのデザインまとめ

犬と飼い主の画像ペットウェアは季節にふさわしい機能を持ったものを選んであげることで、ペットの生活をより快適なものに変えます。

機能性だけではなく、快適で楽しくなるようなデザインであれば、ペットも飼い主さんもペットウェアをさらに好きになることができるはず。

例えば季節に合わせたペットウェアは、気候の移り変わりにペットの体がより対応しやすくなるような機能性を持っています。

デザインでペットウェアを選ぶのは楽しさもありますし、ペットの毛並みや体格にぴったりのペットウェアを見つけると嬉しくなります。

幅広いデザインの中からお気に入りのペットウェアを見つけて、ペットウェアを楽しみましょう

タイトルとURLをコピーしました