ペットウェアのメリットとデメリット

犬と飼い主の画像ペットウェアは可愛いペットをさらに可愛く見せてくれる、インスタ映えとも相性抜群のアイテムです。

見た目の可愛さだけに留まらずいろいろな機能性を持っているので、ペットウェアを生活に取り入れる飼い主さんは多くなってきました

しかし、中にはペットウェアの必要性に疑問を抱く人もいます。

ペットウェアは飼い主さんの判断で着せられるものなので、ペットウェアを着せられているペットの気持ちは人間にはわかりませんが、ペットウェアによって予想できる限りのメリットとデメリットを紹介します。

ペットウェアを使うことによるデメリット

ペットウェアをペットに着せることによって考えられるデメリットとして、次のようなことが挙げられます。

デメリットの1つひとつに対処しながら、ペットウェアの活用について考えていきましょう。

 

着せると嫌がる子もいる

ウェアを嫌がる犬ペットウェアを着せた時に脱ぎたそうな動きを見せたり、嫌がっているような様子だったら、ペットウェアがペットにストレスを与えている証拠です。ストレスが貯まってしまう前に脱がしてあげましょう

今までペットウェアを着たことがないペットに突然ウェアを着せると、抵抗される可能性が高いです。それは単純に服を着るのが嫌だったり、ウェアの素材が気に入らないという点も考えられます。

ウェアを着せられるときの動きにペットがストレスを感じていることもあります。

着脱が簡単なデザインを探したり、ペットが嫌がらない素材で作られているかどうかを確認してください。

それでもどうしても嫌がるなら、無理して着せるのはやめましょう。ペットに無理をさせないことが何より大事です。

すぐ汚れる

新しくペットウェアを着せても、ペットの性格や体によってはすぐに汚れます。

ペットウェアの素材によっては汚れや水に強いものも存在しますが、ペットに着せた以上は汚されることを覚悟しておく必要があります

装飾が邪魔

ペットウェアのデザインによってはフリルや花、リボンなど、装飾がたくさん付いているものもあります。装飾の位置や数によってはペットの活動の邪魔になるかもしれません。

また小さい装飾がたくさん付いていると、ペットによっては間違えて装飾パーツを飲み込んでしまうおそれも出てきます。

ペットののびのびとした活動を妨げないように、あまり小さい装飾がたくさん付いたペットウェアは避けたほうが安全かもしれません。

ペットウェアに対する否定的な意見として大きいのは「ペットに服は必要ない」「ペットは人間とは違うので、人間と同じように服を着ることを強制するのは間違っている」というものです。

ペットウェアを着せる時はペットの反応をよく見て、抵抗や異常が見られるようなら無理強いはしないことです。

ペットウェアを使うことによるメリット

ペットウェア使うことによるメリットを挙げていきます。すでに知っている項目も知らなかった項目も、今後の活用に役立てられるよう理解を深めていきましょう。

気候の変化に対応できる

ウェアをきた犬ペットウェアは暑さや寒さに向けての対策として活躍します。

ペットの中には季節に応じて換毛期(毛が生え替わる時期)を迎える子もいるので、わざわざペットウェアで対策をする必要はないのではないかという意見もあります。

しかし、エアコンの普及や室内犬などが増えてきたことで、換毛期を迎えずに季節を超えるペットがよく見られるようになりました。

また近年では気候にも変化が表れるようになり、今までどおりの暑さ対策や寒さ対策では通用しないこともあります。

ペットウェアを使うと気候対策を簡単にできるようになるので、ペットにとっても飼い主さんにとっても安心できるアイテムなのです。

生理現象や症状にも効果的

犬にはマーキングやヒートといった生理現象があります。外出先などで生理現象による被害を出さないために、マナーベルトやパンツなどのペットウェアが考案されています

また換毛期が始まった時は、抜け毛が散乱しないように抜け毛対策のペットウェアを着せることで、飼い主さんの負担が軽減されます。

去勢手術などのデリケートな手術跡には、オーガニックコットン素材やガーゼ生地などの皮膚にやさしいペットウェアを着せてあげると、ペットの体に刺激を与えないようにして守ることができます

このように、ペットウェアはペットと飼い主さんの悩みや負担を軽減させ、フォローしてくれるのです。

濡れても大丈夫

ウェアをきた犬ペットウェアの生地には速乾性の機能を持ったものがあるので、水遊びをした時や、少し濡れてしまったときでもすぐに乾きます。

このような機能性のあるものは、季節に合わせてぴったりのものを選んであげましょう。

外出先で雨に濡れそうな時は、レインコートの機能を持ったペットウェアを使うと便利です。レインコートはペットの体が雨で冷えたり、ずぶ濡れになったりするのを防ぎます。

このような機能性の高いペットウェアは、ペットの活動を妨げないような形で生活に馴染むよう作られています

特別な日を共有できる

結婚式やクリスマスなどのイベント事に合わせたペットウェアは、ペットと特別な時間を共有したような気持ちにさせてくれます。

機能性を重視するだけでなく、バラエティーに富んだかわいいペットウェアを楽しむのも、ペットとの思い出を育むことに繋がるのではないでしょうか。

ペットウェアのメリットとデメリット・まとめ

・ペットウェアへの否定的な意見を挙げる声もある。・ペットウェアを着せることで嫌がる子がいます。

・ペットウェアを汚しやすいという子がいる。

・ペットウェアは便利で機能的なものも多い。

・気候や生理現象へのフォローなど、いろんな場面に対応している。

 

ペットウェアを正しく活用できたら、ペットにとっても飼い主さんにとっても役立つものになることは間違いありません。

ペットにストレスを与えないよう注意しながら、ペットウェアの機能が自然に活用されるようなペットとの生活を送っていきましょう

タイトルとURLをコピーしました